2017年2月16日

インバウンドで体験型プログラムが人気

 インバウンド(Inbound)とは、外国人が訪れてくる旅行のことで、現在この外国から日本への旅行者がとても増えています。
 サービス業界は現在、インバウンドにおける成長領域となっています。
観光庁の「訪日外国人消費動向調査」によると「日本観光で期待していたこと」で「日本食を食べること」の次に「自然・景勝地観光」と回答する外国人が多いという結果となっています。
つまり徐々に「日本でしか買えないモノ」から「日本でしか体験できないコト」へ関心が移って来ているということです。
体験型プログラム事例を少しあげてみます。
●山形県西置賜郡飯豊町の場合
飯豊町ではスノーモービルの体験受け入れ事業を行っています。1月から2月の間、観光協会が運営する「どんでん平スノーパーク」で、巨大滑り台やバナナボート、スノーモービルの体験を実施しているそうです。また、中津川地区の農家民宿を利用した民泊と田舎暮らし体験プランを実施し、台湾観光協会より金賞を受賞しました。

●三重県伊勢志摩の場合
 伊勢志摩地域では、春夏秋冬別に約30ものエコツアーを実施しています。「もんど岬シーカヤック・カフェツアー」や「海賊の城と城下町の夜歩きツアー」など、現地の人しか知らないような魅力的な楽しみ方を提供しています。ここでは観光協議会でのコーディネーターとしての役割が注目されていました。
それぞれのターゲットに分けて相談先を柔軟に変えるなどという対応が、よりターゲットにフィットしたツアーを生み出していたということです。

●広島県尾道市、愛媛県今治市、越智郡上島町の場合
この2つの地域が一体となって行っているのはレンタサイクル事業です。
瀬戸内しまなみ海道にある自転車道を利用し、外国人の招致を行いました。外国人にもわかるように多言語の案内板を設置したり、サイクリングルートを色分けしたりすることで、円滑な運営を可能にしました。さらに周辺の島々で体験プログラムを行うことで一歩踏み込んだ体験もできるように配慮されています。

 3つの事例をあげてみましたが、この事例すべてに共通する点は「地域活性化」です。地域同士、あるいは観光協会と会社との連携がうまくいっています。
 現地のプロモーションに強いところと連携することで、ことばの壁やターゲットの不明確な点を創意工夫で打開することができています。王道は着物体験や茶道体験ですが、旅行客が大事にしているのは「その場所でしかできないこと」です。
どんな観光資源であっても創意工夫次第でインバウンドに結びつけることが可能になります。ぜひ参考にしてみてください。