2017年1月26日

日本のゲストハウスと海外のゲストハウスの違い

 そもそもゲストハウスとは「アメニティサービスなどを省いた素泊まりの宿」のことです。このゲストハウスのあり方が、日本と海外では大きく違っています。
 価格は大体において日本が高く、海外は安いです。日本の物価状況を考えれば当たり前のことかも知れませんが、先進国に泊まらない限りは日本の方が大体において高いです。海外であればタイなら約1000円位、インドなら約500円あればシングルルームを余裕をもって借りることができます。しかし日本では2000円出してもドミトリー(寮や相部屋)が限界の場合もあるでしょう。
 けれど快適性は「間違いなく日本!」のようです。
 日本人なら特にそう感じるのかもしれません。日本では基本的に、同じゲストハウスに泊まっている人にはあまり干渉しないし、きちんとそれぞれの人が自分の時間を持っています。でも海外のゲストハウスでは、他人に興味津々で干渉しプライベートの確保が難しい場合があり、またゲストハウスによってはバーが併設されてあり、深夜の騒音により安眠を妨げられる場合もあるようです。
 設備も日本のゲストハウスが高評価を得ているようです。たとえば日本であれば、ゲストハウスによって温泉付きのサービスまであり、日常生活で使用するアメニティの充実に優れています。けれど海外のゲストハウスでは水シャワーとかザラのようで、浴槽のないシャワーだけのお風呂なんかも結構多いようです。お風呂好きの人には我慢できないかも知れませんね。
 また海外のゲストハウスでは衛生面の問題もあげられています。部屋にゴキブリが何匹も発生したり、炊事をはじめ、生活において常用する台所・浴室・洗面所なども非常に汚れていたりする場合がけっこう多く、健全的な生活を送るには好ましくない状況に見舞われそうです。
しかし海外でも先進国であればかなりきれいなゲストハウスが多くみられます。ユースホステル系のゲストハウスであればたいてい基本的な設備管理が整っています。
 もちろんゲストハウスを利用する際には個人差によりその満足度が変わってきますが、絶対的に必要とされる環境面・安全面での設備充実への投資はたとえどの国であっても、いわゆる「手落ち」はないようにしてほしいものですよね。現在のこのような設備管理に優れる日本のゲストハウスと、海外の安価なゲストハウスとのコラボされたようなアメニティ施設(ゲストハウス)ができれば、どの国の訪問者にとっても嬉しいものです。